記事一覧

パーソナルトレーニングとは?

印象に残る独特のCMで話題になったライザップで認知されるようになったパーソナルトレーニングという言葉。テレビや雑誌の特集をみたり世間話で聞いて「なんとなくこんなことするんだろうな」って思ってても、「説明して!」って言われると、なんて言っていいか分からなかったりします。

例えば

  • パーソナルトレーニングってどんな意味なの?
  • パーソナルトレーニングってどんなことするの?
  • 普通のトレーニングとなにが違うの?

みたいな質問ですね。
そこで今回はパーソナルトレーニングとはなんなのか?を分かりやすく紹介します!

といってもパーソナルトレーニング協会の定義によればとか、語源がうんたらかんたらで・・・っていう話は苦手なので、私が実際にパーソナルトレーニングジムに通って分かったことを中心にパーソナルトレーニングがどんなものかお伝えしますね。

パーソナルトレーニングとは

「パーソナルトレーニング」をそのまま和訳すると、「個人的な鍛錬」ということになります。つまり、広義の意味としては目的や効果を問わず、個人的にする鍛錬はパーソナルトレーニングということになります。
でも最近ライザップなどのキーワードで話題になってる『パーソナルトレーニング』は、ダイエットや肉体改造等を目的に行う筋力トレーニングで、以下のような特徴を持つものを言います。

目的はシェイプアップやダイエット、肉体改造等

繰り返しになりますが、パーソナルトレーニングの目的はいわゆるシェイプアップやダイエット、腹筋の割れた逞しい体を手に入れる事、運動能力の向上や維持などです。

例えば、こんなものが挙げられます。

ダイエットでいえば、10キロも増えた体重を減量したい。
シェイプアップでいえば、二の腕や太腿を細くしたい
肉体改造でいれば、緩んだおなかを引き締めて腹筋を割りたいとか、胸板を厚くしたい

なんて感じですね。

中には、スポーツ選手が運動能力向上に必要な筋力を鍛えるトレーニングや、逞しくて健康的な体を競い合う競技出場するためのトレーニングなど、専門的な目的も含まれます。

トレーニングの内容は筋力トレーニングが中心

どんなトレーニングをするのかというと、ズバリ筋力トレーニングです!
内容や時間は目的やその人の能力に合わせて千差万別で、中には有酸素運動なんかも取り入れる場合もありますが、基本的には筋力トレーニングを行います。

目的や個人の能力に合わせてメニューが変わる

ところでこのトレーニング、皆さんが部活とかでやった筋トレとは内容も効果も全然違います。
私もそうですが、実際に体験すると、同じスクワットでもこんな効果があったのか?と驚くくらい違うんですよ。
そのあたりの詳細はまた別の記事で紹介するとして、パーソナルトレーニングでは様々なダンベルやバーベルを使うこともあれば、自分の体重を利用して行うものもあり、多種多様な筋力トレーニングを行って目的を達成していきます。
こういう「目的や個人の能力によってトレーニングメニューが違う」というのもパーソナルトレーニングの大きな特徴です。
部活だったら筋トレは全員同じメニューで腕立て伏せ20回×3セットとかでしたが、パーソナルトレーニングでは同じダイエットでも10キロ痩せたい人と、太腿を細くしたい人では用意される筋トレのメニューが全く違います。

マンツーマンで指導してもらう

それからパーソナルトレーニングの大きな特徴として「マンツーマン」で指導されながら実施する筋力トレーニングであるということが挙げられます。
フィットネスクラブやスポーツクラブに入会すると、自分一人で黙々と筋トレしてる方がいらっしゃいますが、これはパーソナルトレーニングではありません。
個人的に鍛錬してるんだからパーソナルトレーニングでしょって思われるかもしれませんが、ライザップなどのジムで行われている狭義のパーソナルトレーニングは必ずマンツーマンでトレーナー(指導者)が付きっ切りで指導をしてくれます。

トレーニングの効果を最大限に引き出す指導

パーソナルトレーナー(指導者)にマンツーマンでついてもらって筋トレをするの分かったとして、気になるのはどんなことを指導してもらえるのかというとです。
このトレーナー(指導者)による指導の内容を一言でいうと『目的を達成するために最大限効果が出る方法』を指導してくれます。

例えばダイエットで太腿を細くしようという目的をたてた女性がいらっしゃったとして自分でジムにいったとしても

  • どんな筋トレをしたらいいのか?
  • バーベルで負荷をかけるとしたら何キロぐらいがいいのか?
  • 回数は何回やったら目的を達成できるのか?
  • 自分は正しい姿勢で効果のあるトレーニングができてるのか?

なんて全然わかりませんよね。
私もそうでしたが、学生時代にいくら筋トレしてもあまり効果が出なかったのは上記のような内容がわからず、ただ回数をこなしていたからだと思います。
これは霧の中を見えないまま進んでいくようなものなので、頑張ったのに効果がでなくて無駄になるとか、途中で挫折するなんてことにつながりやすいともいえます。

そんなときに道しるべとなって、正しくて最短の道を教えてくれるのがパーソナルトレーニングです。
目的やその時の個人の能力に合わせた運動の種類や回数をアドバイスし、もしその内容に調整が必要であればその場で即座にメニューを調整してもらえるのがパーソナルトレーニングです。

例えば私の場合はこんな指導をしてもらっています。

「腕を太くしたいなら上腕三頭筋を鍛えるのが効果的です。」
「もっと効果が大きくなるようにもう少しウエイトを重くしますね。」
「肘を動かすと負荷が逃げるので動かさないように固定してください。」
「あと2回頑張って!効果がでるのはここからですよ!」
「今日は風邪気味のようなので、少しウエイトを軽くしますね。」

こんな感じで行う筋力トレーニングの目的や種類、最適なウエイト、回数などを決めてくれる上に、実際に行っている運動の様子をみてフォームも修正してくれます。時には応援をしてくれたり、体調に合わせて無理しない様に調整してくれるなど、「目的を達成するのに最適な筋力トレーニングをナビゲートしてくれる」のがパーソナルトレーニングです。

トレーナーさんに効いたとことによると、意外とまじめでガンパリ屋さんほど無理をして怪我をしたり体調を崩したりする場合があることや、トレーニングの効果を半夏してしまうので、そのあたりのさじ加減がポイントなんだそうですよ。

パーソナルトレーニングの時間は60分前後

パーソナルトレーニングはマンツーマンで行うのでだいたい時間が決まっています。
一番多い60分前後のものを中心に、短いものでは30分から45分、長いものでも90分程度です。
シェイプアップや肉体改造など目的は様々ですが、1時間程度の短時間のトレーニングを週2回行うことで、目的を達成できるというのもパーソナルトレーニングの特徴と言えるかもしれません。

他にも特徴や効果がいっぱい

「パーソナルトレーニングとは」というテーマでパーソナルトレーニングがいろんな項目をご紹介してきましたが、実は普通のジムやスポーツクラブでは得られないパーソナルトレーニングならではの特長や効果が他にもたくさんあったりします。
例えば筋トレだけでなく食事管理の指導もしてもらえる場合があるとか、有酸素運動やストレッチを取り入れる場合もあるなど、ほんとにたくさんのいいところがあるんですが、この調子で書き続けると長くなりそうなのでまた次回ご紹介しますね。

関連記事

  1. パーソナルトレーニングジムの選び方6大ポイント

  2. 体験して分かったパーソナルトレーナー選び方のポイント6選

  3. パーソナルトレーニングは料金相場を把握してジムを選ぶのがオススメ!

  4. パーソナルトレーニングジムのメリット7項目

  5. パーソナルトレーニングやジムの情報発信始めます!

  6. 短期間で10キロ痩せるダイエットを確実に成功させる方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP